離婚の原因が不貞行為だったときの対処方法。パートナーの不倫または浮気の証拠を集めるのも離婚の準備には欠かすことが出来ません。

離婚が決まる瞬間

夫婦の離婚の原因に不貞行為による離婚があります。この不貞行為は浮気や不倫といった行為のことをいうのですが、年間で不貞行為によって離婚をする夫婦の数は、性格の不一致による離婚の次に多く、対処するための方法は知っておく必要があります。

もしも、不貞行為をはたらいていると気がついたときの対処方法。

夫または妻が自分とは違う相手との浮気または不倫をしているかもしれないと気がついたとき、取る対処方法としては、自分で不貞行為の実態を調べるまたは、探偵事務所や興信所で浮気調査をしてもらい、不貞行為を証明することが出来る証拠を手に入れることです。

何故、不貞行為の証拠が必要になるのかといえば、離婚をする理由が不貞行為だった場合には、その事実を証明することが出来る証拠を明確にしておく必要があります。

また、協議離婚、調停離婚だった場合にも、慰謝料の請求を行う場合に、この不貞行為の証拠があるのと、無いのとでは請求できる場合と、慰謝料を請求できない場合があり、確実に慰謝料を請求するためには、明確な証拠が必ず必要になります。

証拠を集める方法には自分で調べる方法と、探偵事務所または興信所へ依頼をして調査をしてもらう方法の2種類がありますが、このどちらの方法が証拠を取ることが出来るのか考えると、探偵へ依頼した場合のほうが浮気の証拠が、事実を証明することが出来る証拠を集めることが出来るので、調査にお金はかかりますが、探偵へ依頼をして調査をしてもらう人は多いです。