離婚の準備には何が必要で不必要なのか知りましょう。手順の中から重要事項を割り出すことで、スムーズな手続きを行うことが出来ます。

離婚の準備期間に何が必要?

離婚をする、離婚を成立させるにはいくつかの理由が必要になります。
婚姻届のように、離婚届を役所に提出したら離婚が成立すると思っているかもしれませんが、そんな簡単に離婚が決まればいい加減な理由で結婚、離婚を続けることになります。
主に、離婚をする理由としては以下のものがあります。

•パートナーの不貞行為(浮気、不倫)
•身体的精神的な暴力、相手に悪意がある行動による場合
•パートナーが重い精神病を患った場合
•生死不明の期間が3年以上経過した場合

以上の理由があった場合には離婚を行うことが出来ます。しかし、中には判断の難しい理由のものもあり、判断するためには専門家に相談するほかありません。
判断するのが難しい理由として、悪意の遺棄などがあります。これはパートナーが生活費を入れてくれない、子育てに無関心で放置しているなど、少し解釈を間違ってしまうと判断が難しくなってしまう理由です。
そのため、どういった理由があるのかをしっかりと自分でも理解しておき、判断を裁判所に任せるといった裁判離婚なども行われています。


また、離婚の手続きには複数の方法があり、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚の4つが存在します。
多くの場合には協議離婚か、調停離婚で離婚は行われますが、どうしても問題が解決しない場合には弁護士や裁判所で真偽をしてもらい審判離婚や裁判離婚といった方法で離婚することも出来ます。