些細な事が離婚に繋がる。離婚の原因

離婚の原因とは

夫が浮気をしたので、離婚します。
というのは、離婚の原因としてよく耳にすることです。
しかし、離婚の原因とは夫婦の不貞行為だけではありません。

離婚の原因
・性格が合わない
・知らないところで借金を作っていた
・親族との関係が悪い
・モラハラを受けている
・暴力を受ける

など、このように離婚の原因はさまざまです。

そして、離婚の原因は些細なことが発展し、お互いに我慢が出来なくなってしまい、結果として離婚するというケースも多いのです。

例えば、性格が合わないでは、「結婚したのだからその程度我慢するもの」と感じるかもしれませんが、結婚してからの一生を一緒に暮らすわけですから、その時は我慢しても、我慢が積りに積もって離婚するということはあります。

そして、DVやモラハラ、借金など、聞くと重い内容の原因がいくつもあるなかで、この性格の不一致による離婚というのがもっとも多いのです。

また、生活環境や地域の人間関係で離婚を選択する人もいます。

・夫の故郷に馴染めない
・近所に気心の知れた友人がいない
・一人の時間を作ることができない

などが離婚の原因になることだってあります。

離婚を回避するためには、こうした原因を追及し、解決方法を夫婦で考えなくてはなりません。
そして、話合いでこの原因を解決することができる場合もありますが、出来ない可能性もあります。
そんなとき、離婚をするかどうか、もう一度よく考えてみるといいでしょう。