離婚に必要な手続き。離婚までに必要な手続きと準備しておく物について紹介します。離婚前と後では準備に違いがあるので注意しましょう。

明日離婚するための手続き

極端な話ですが、離婚届を夫婦が合意して必要事項を記入して役所へ提出すれば離婚することは可能です。
しかし、それだけでは離婚は終わりません。離婚届を出したときからの手順を順序だって解説します。

離婚届を出す前。
・裁判もしくは調停、一番簡単なのは協議
裁判をして離婚をする人もいれば、協議離婚といって相手との話し合いで収まる離婚もあります。どの手順で離婚するかによって必要な手順があります。


・親権、財産分与、慰謝料の金額を決める
子供がいた場合には親権の問題があり、離婚することで扶養者、配偶者の関係ではなくなるので財産をどうするか決める必要があり、慰謝料の金額についても大まかに決めておく必要があります。

離婚届を提出した後。
・保険の解約、身辺整理、引越し準備
家族で入っていた保険の解約手続きを正式におこない、または身辺の整理が必要な場合には細かい手続きが必要になります。また、引越しをしないといけないので引越し先の住居を決めておく必要があります。


・支払いの準備
慰謝料や他にも支払いをしないといけないものがあった場合に、細かい調整などをしておかないと、支払いが遅れた場合にはどうしたらいいのか調べる必要がある。


他にも個人で必要になる項目は色々あると思いますが、どんな手順で手続きを進めるべきなのか、探偵や弁護士など、離婚相談が可能なところに話を聞くことも忘れないようにしましょう。