日本の離婚の情勢について、現在の日本の夫婦が抱える問題とは何か。その問題から、解決するための糸口を見つけ出すことが大変重要です。

離婚の情勢

結婚する人と、離婚をする人の比率でもっとも差が少ない国はどこか?
離婚率がもっとも高い国はどこかといった調査が行われており、その調査結果から日本では結婚したカップルのうち3組に1組が離婚をしているといった結果が出ている。

そして、この離婚をする確率は、他の調査をおこなった国の中で上位25位以内にランクインしているという結果です。

また、離婚率が高くなる傾向として、経済と失業率が大きな影響を与えているといった結果もあり、失業率が上がった年では、その年の離婚率も比例して高くなっているという結果があります。

日本では、これらの調査結果の数字意外にも、少子化問題への影響も大きくなっており、早急の対策が必要なのでは?と考えてしまいます。

ちなみに、離婚率でもっとも高い数字を出した国にはロシアやアメリカといった大国が含まれており、こちらでも経済や失業率などが離婚と比例して増えているといった調査結果が出ています。

結果、どこの国でも離婚をする確率は経済と失業率が比例しており、豊かな国だから離婚率は低いというのは違うようです。